カテゴリー

カレンダー

2018年1月
     
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
  • Home ヘリコプターの免許の種類

ヘリコプターの免許の種類

Pocket

ヘリコプターヘリコプターは、車や列車が通れないような場所でも、空を駆け抜け人命救助や支援物資の配達にとても活躍しています。最近、日本では大きな地震いくつか起こりました。道路は陥没し、線路も崩壊し車や電車は立ち往生していましたが食料や衣類、赤ちゃん用のおむつなどの支援物資の供給にヘリコプターが使われ多くの人の役に立っています。ヘリコプターは、降り立つ場所がそんなに広くなくてよいことも魅力の一つです。飛行機の方が何倍もの支援物資を一回で供給できますが、空港のような広い場所を確保しなくてはいけないのでこういった緊急の場合はヘリコプターのほうが効率的でかつ汎用的と言えます。ヘリコプターは、物資を運ぶだけでなく医師や看護師を運ぶドクターヘリとしても注目を浴びています。空路を通ることで患者を最短時間で運べ、さらにその場での治療を可能にします。

ヘリコプターのパイロットになるためには、操縦士免許取得のスクールに通い資格を取得するのですが、大きく分けて免許にはプライベートで自由にヘリコプターの運転を楽しむための「自家用操縦士免許」と操縦士として仕事をするための「事業用操縦士免許」があります。パイロットになるには飛行機、ヘリコプター両方とも「自家用操縦士免許」の取得が必要になります。

ヘリ免許を取得しパイロットになるには、
飛行機、ヘリコプター共に、自家用操縦士免許を取得します。

引用 [ヘリコプター免許取得:Alpha Aviation]

その中でも、陸地着陸か川や海に着陸できる構造のもので取得するかなど細かく分かれています。免許を取得するための訓練で、多くの時間ヘリコプターを使った実戦訓練が必要となるため、実戦訓練は1時間10万円ほどかかり総額もかなりの費用になります